急がば走れ

徒然なるままに興味のあることや日々の出来事を書きます。

2回目の技能教習を受けてきた!【わずかながら前進】

こんにちは!

昨日2回目の技能教習を受けてきました!

f:id:Wootan:20170628184517p:plain

前回の技能教習の様子はこちらからどうぞ。

第1回技能教習終了後からの取り組み

家族や友人の運転する車に乗った時に目線を遠くにやることを心掛けました。

助手席からだと見える景色も違うし…なんて一瞬思ったりもしましたが

やらぬよりやろう!ということでやってました。

それと並行して運転者の観察も行いました。

右折の際のハンドルの切り具合、ブレーキを踏むタイミングや強弱など見て学ぶことも多かったような気がします。

 

今回の教官

そして迎えた2回目の技能教習日!

17:00~17:50の教習時間だったので例によって15分前の16:45に教習所入り。

教官を待つ間運転教本で前回の部分を復習していました。

そうこうしているうちに名前を呼ばれ、振り返ると少しコワモテの教官でした。

軽いだみ声でどっしりとした体型。めっちゃ厳しそうやんけ…

教習車までの移動中もボールペンをカチカチやってて怖かった。前回以上の厳しい教習が待っていると思うと、冷や汗が止まりませんでしたw

 

教習開始

教習車へ乗車後、クーラーを付けながら教官と

 

前回右カーブまでやったみたいだけどどうだった?

 

 

全くコツが掴めませんでした…

 

 

なんてやり取りをしてから前回と同じように教官のお手本を何周か見せてもらいました。

その後交代。右回りにコースを周回したのですが…

左によりすぎてブレーキを踏まれるわ、ハンドルの切りが大きいためにフラフラした運転になるわで散々な結果でした。

今回も特段進歩なしか…なんて落胆しかけていると

 

一度ハンドルを左手だけで操作してみたら?

 

と教官に勧められました。

少し怖いと感じながらも言われたとおりやってみると、

ハンドルを切る大きさが周回を重ねるごとに小さくなっていくのが分かりました。

思わずおぉ!と声が出た私に

 

右折の時は左手を中心にハンドルを切る!
右手は添えるだけで良いんだよ!

 

と教官。

左手だけでハンドルを操作したのはその感覚を養うためのものだったそうです!

さらに運転する際の目線についても

右側(センターライン)ばかりを見てしまう癖がついているから、カーブの時は左側の線を見てそれに沿わせる形でハンドルを切っていくと良いと細かく丁寧に教えて下さいました!

 

教習終了

その2つの助言をもらったあと何周かして教習終了。

最後に教官の方に

 

始めよりは格段に良くなった。
こちらがブレーキを踏んだり、運転がふらつくことも無くなった。
後は慣れだ!

 

と言って頂きました。

初めて確かな前進を感じることが出来てとても嬉しかったです!

 

改善点

  • ブレーキの調節
  • 車体感覚をつかむ

 特に車体感覚は未だに掴みきれていないので、教習を受けていく中で会得していければと思います!